スクリーンショット 2022-01-27 18.00.43.png

森林と情報空間を行き来する曲がり木プロジェクト
2022~

学生とともに実際に設計を行うプロジェクト

飛騨市を拠点に活動をするヒダクマが"曲がり木"と呼ぶ、広葉樹の個性的な部位を素材に、3Dデータを駆使しながら実際に家具的なオブジェクトの設計を行う。

 

材料の重さ/データの重さ、森林/情報空間などを、横断しながら、コロナ禍であってもデザインの実践を行う方法も模索する。

山道研の学生チームによるデザインとし、外部協働者として板坂留五、製作者としてヒダクマを迎えてプロジェクトを進めている。

Direction-

Takuto Sando(Hosei Univ./Tsubame Architects)

Rui Itasaka(Architect)

Produce -

Hidakuma Inc. 

Member -

B3