Etos-001-sandotakuto.jpg

コモンズを再生する東京
2021

[HOSEI ミュージアム江戸東京研究センター特別展]

建築パートを、北山恒氏と山道研究室で監修、構成は刈谷悠三氏(neucitra)。

 

展示ボックスは三つあり、「建築家プロジェクト+学生の文章による批評レポート」、「建築家の図面資料+学生の写真による現地レポート」、「現実の商店街+学生の提案レポート」といったように、どのコーナーでも必ず学生のアウトプットがキーになるように構成。

Direction -

Koh Kitayama

Takuto Sando

Design - 

neucitra

*学生はいずれも山道研以外

学生責任者 M2木伏菜々

展示製作協力 学生有志

OBOG(山口桃佳/鶴川留美) M2(木伏菜々/佐藤弥優/田中航平/立花果穂/関駿介/中田宗一郎/細田賢/宮本航) M1(関根康成/廣瀬萌音/柏木航) B3(宮澤諒/駿河芳樹/遠山開/江連謙斗) B2(竹村敬太郎/竹鼻柊二/稲葉篤郎)

施工協力 学生有志

B4(鈴木秀太郎/木嶋真子/福士若葉)

協力(建築家や事業者の方々 敬称略,順不同)

ツバメアーキテクツ/仲 俊治/栗生 はるか/小笹 泉/宮崎 晃吉/落合 正行/織戸 龍也/神本 豊秋/能作 淳平/連 勇太朗/若林 拓哉/永瀬 賢三